透析看護認定看護師

当サイトへご訪問ありがとうございます。

サイト作成者のHIMEと申します。

透析看護認定看護師を目指しながら、このサイトを作成しましたが、
やはり様々な困難がありました。

1番のネックは職場の理解不足
家庭の問題
認定看護費用の問題

その他にも、ありますが多くの方が悩まれる問題なのではないでしょうか?

私は透析看護認定看護師制度が発足されてから、すぐに受講しようと決心しましたが、
一番の問題は職場の理解が簡単には得られなかった事です。
(数年は出遅れてしまいました)

現在では、認定看護師を目指す看護師の為に、補助金制度を設けている施設もありますが、
実際にはまだ数十施設程度ですよね?

周りにも相談できる方もいなかったので、相当悩みました。

そこでお世話になったのが看護師求人サイトです。
現在は、認定看護師の普及に伴い、充実した支援情報が多いのです!

看護のお仕事
1、日本最大級の豊富な求人情報(非公開求人も多数)
2、プロのキャリアコンサルタントが徹底サポート
3、もちろん各種サービス無料サポート
4、最大5万円の転職支援金をプレゼント
5、相談だけでもOK!簡単登録たったの1分!


一人で悩んで歩みを止めるよりは、自ら進んでみてはいかがでしょうか?
時間はあなたの大切な資産です!

絶対に私のように無駄な悩みで大切なあなたの時間を費やさないで下さいね。

専門アドバイザーが的確にあなたの問題を早期解決してくれますよ^^
-  |  次の5件 »

透析看護認定看護師とは?

透析看護認定看護師とは、
総合的な臨床判断に基づいて、個別ケアを中心として、
安全な透析技術を提供する役割を持つ看護師です。

患者の透析管理や生活に関する調整なども行う任務があります。

また、患者教育も行い、透析看護認定看護師は、
生きていくために必要な自己決定支援や、
健康的な生き方へのアドバイスなどを行い、
患者に必要な教育を施していきます。

透析療法では、患者に一番身近に居る看護師という立場から、
透析の質向上に積極的に取り組む姿勢が望まれます。

透析看護認定看護師には、使用される透析液や薬剤など、
透析治療によって変化する身体と、器械などに依存しなければ、
生きられないという矛盾を抱えた人に対する実践的な看護力が求められます。

また、専門職として、他の協力者が理解できるよう、
思考過程を言語化して情報を共有化する必要があります。

そして、透析患者に対しては、個別的なケアと患者教育を計画、
評価できる能力が求められます。

とにかく、ミスが許されない仕事でミスは患者の死を意味します。

それだけ、高度な技術と知識が要求されるわけで、
患者の信頼を得られる看護師でなくてはなりません。

(参考サイト)
認定看護師をねらえ

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

潜在看護師の復帰セミナー

潜在看護師さんって本当に多いですよね!
このような潜在看護師復帰セミナーを行うことによって、
社会復帰への道が拓かれることでしょう。

出産・育児や介護などを理由に現場を離れた潜在看護師≠フ復帰を支援するセミナーが9月30日、千葉県流山市の東葛看護専門学校で開かれた。同県や埼玉県在住の17人が参加。現役看護師の指導を受け、採血法や静脈・点滴注射法、輸液の取り扱い、救急対応について実践した。

 セミナーは、職場復帰を願う反面、看護技術や心理的な面で不安を持っている潜在看護師に現場での観≠取り戻す機会を提供し、復職に役立ててもらおうと、同専門学校を運営する医療法人財団東京勤労者医療会が企画・開催した。

 参加者は、昨年4月の診療報酬改定で新設された看護配置「7対1(患者7人に看護師1人を配置)」によって、全国の病院が看護師確保の問題に直面していること、厳しさが増している現場業務の影響で卒後1年未満の看護師の退職率が1割近くに上っていることなど、最近の看護界の動向や医療安全対策について学習。続いて、看護技術の実践を行った。

 採血法や静脈・点滴注射法、輸液の取り扱いでは、最新の医療器具を使って実践。同法人の各病院に勤務する現役看護師が注射器の針を刺す角度をはじめ実際の手順などを示した後、参加者が実技を進めた。また、救急対応では、担当患者のベッドサイドに行くと、顔色が悪く呼吸が止まっていると想定してロールプレイングを実施。ナースコールを通じた医師への連絡、心マッサージ、挿管までの一連の必要事項を本番さながらに展開した。


続きを読む

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

透析看護認定看護師

近年、透析患者数は全国で約26万人と言われ、毎年1万人のペースで
増加しています。

透析看護認定看護師は総合的な臨床判断に基づく個別ケアを中心に、
安全な透析技術を提供することです。

透析療法において患者様の一番身近に居るのが看護師です。

透析看護認定看護師という認定師を有することによって、
今後さらに透析の質向上に積極的に取り組むことが望まれております。

透析看護認定看護師続きを読む

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

透析看護認定師受験資格

【認定師受験資格】
まず、認定師の受験資格は次の1〜3の項目を全て満たしていなければなりません。

1.日本国内の保健師、助産師及び看護師のいずれかの免許を有すること。

2.保健師、助産師及び看護師の資格取得後、実務研修が通算5年以上であること。
そのうち通算3年以上は特定の認定看護分野の実務研修をしていること。

3.本会が認定した『認定看護師教育課程』を修了していること。
または、外国において上記と同等と認められる教育を修了していること。

【透析看護認定師受験資格】
上記を満たし下記に示す透析看護認定師の受験資格項目を示します。

@通算3年以上、透析看護分野での看護実績を有すること。
A透析導入期・維持期の患者の看護を5例以上担当した実績を有すること。
B現在、透析看護に携わっていることが望ましい。

透析看護認定師受験資格続きを読む

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

透析看護認定看護師教育基準

透析看護認定看護師教育基準としては、透析看護の質の向上を図るために個人家族または集団に対して熟練した専門的な看護を実践しその看護実践を通して看護職者に指導することができる能力を育成することを目的とする。

期待される能力
1.透析患者に対して、総合的な臨床判断に基づく個別的なケアや、患者教育を計画、実践、評価できる。

2.透析療法に関する専門的知識と技術を用いて、継続して安全で安楽な治療環境を提供できる。

3.末期腎不全患者が治療の選択を自己決定できるよう、倫理的な判断の基に援助ができる。

4.患者様とご家族の長期療養生活にかかわる他職種の人と連携し効果的な支援となるよう調整できる。

5.透析看護の最新情報に関心を持ち、また実践的モデルを示すことによって看護職者に対して指導や相談に応じることができる。

6.看護職者の継続教育に主体的に関わり臨床看護の質向上に積極的に取り組むことができる。

透析看護認定看護師教育基準続きを読む

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
-  |  次の5件 »
Copyright © 透析看護認定看護師 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます