透析看護認定看護師教育基準 - 透析看護認定看護師

当サイトへご訪問ありがとうございます。

サイト作成者のHIMEと申します。

透析看護認定看護師を目指しながら、このサイトを作成しましたが、
やはり様々な困難がありました。

1番のネックは職場の理解不足
家庭の問題
認定看護費用の問題

その他にも、ありますが多くの方が悩まれる問題なのではないでしょうか?

私は透析看護認定看護師制度が発足されてから、すぐに受講しようと決心しましたが、
一番の問題は職場の理解が簡単には得られなかった事です。
(数年は出遅れてしまいました)

現在では、認定看護師を目指す看護師の為に、補助金制度を設けている施設もありますが、
実際にはまだ数十施設程度ですよね?

周りにも相談できる方もいなかったので、相当悩みました。

そこでお世話になったのが看護師求人サイトです。
現在は、認定看護師の普及に伴い、充実した支援情報が多いのです!

看護のお仕事
1、日本最大級の豊富な求人情報(非公開求人も多数)
2、プロのキャリアコンサルタントが徹底サポート
3、もちろん各種サービス無料サポート
4、最大5万円の転職支援金をプレゼント
5、相談だけでもOK!簡単登録たったの1分!


一人で悩んで歩みを止めるよりは、自ら進んでみてはいかがでしょうか?
時間はあなたの大切な資産です!

絶対に私のように無駄な悩みで大切なあなたの時間を費やさないで下さいね。

専門アドバイザーが的確にあなたの問題を早期解決してくれますよ^^

透析看護認定看護師教育基準

透析看護認定看護師教育基準としては、透析看護の質の向上を図るために個人家族または集団に対して熟練した専門的な看護を実践しその看護実践を通して看護職者に指導することができる能力を育成することを目的とする。

期待される能力
1.透析患者に対して、総合的な臨床判断に基づく個別的なケアや、患者教育を計画、実践、評価できる。

2.透析療法に関する専門的知識と技術を用いて、継続して安全で安楽な治療環境を提供できる。

3.末期腎不全患者が治療の選択を自己決定できるよう、倫理的な判断の基に援助ができる。

4.患者様とご家族の長期療養生活にかかわる他職種の人と連携し効果的な支援となるよう調整できる。

5.透析看護の最新情報に関心を持ち、また実践的モデルを示すことによって看護職者に対して指導や相談に応じることができる。

6.看護職者の継続教育に主体的に関わり臨床看護の質向上に積極的に取り組むことができる。

専門基礎科目
1.末期腎不全患者看護概論
1)日本における腎不全医療の現状と課題
2)世界の腎不全医療と看護
3)チーム医療とケアネットワーク
4)治療法の選択とインフォームドコンセント
5)透析療法における看護師の役割
6)透析看護における認定看護師の必要性と役割

2.腎不全の病態生理と治療法
1)腎臓の構造と機能
2)腎不全の病態生理
3)腎移植の病態整理
4)血液透析CAPD およびその他の血液浄化療法の原理と適応
5)至適透析
6)食事療法
7)薬物療法
8)運動療法

3.透析患者の身体機能
1)体液恒常性維持機能の障害
2)透析生活と身体状態
3)透析合併症
4)長期透析療法に伴う合併症とその影響

4.患者および家族の理解のための理論
1)セルフケア理論
2)家族理論
3)危機理論
4)ストレスコーピング
5)自己効力感・自尊感情
6)事例展開における諸理論の活用

5.リスクマネジメント
1)安全・安楽な透析方法
2)安全管理のマネジメント技術

などなど、その他詳しい内容は日本看護協会ホームページもしくは東京女子医科大学看護学部認定看護師教育センターホームページを参照されて下さい。

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 透析看護認定看護師 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます